JR東日本「JW360°」商業施設ブランディング

Step:ブランド・アイデンティティ、ロゴデザイン、ロゴマニュアル、コピー、PR企画、各種ツール制作

JR東日本が展開する、飲食・物販複合型店舗施設「JW360°」のブランド構築。

JW360°(ジェイダブ リュー・スリーシックスティ)は、JR 東日本が2019 年春にシンガポール・チャンギ国際空港に隣接、開業した大型商業施設 Jewel Changi Airport 内に展開した「日本の旬と、出会う場所。」をブランドコンセプトとした飲食・物販複合型店舗の第1号店。日本食の魅力を中心に360°あらゆる視点から自然体の「日本スタイル」を世界の人々に発信していく。

ブランドロゴは、「日本食文化 世界を回る」の想いを体現。「360°」の「0」と「°」をそれぞれ、地球と日本の国旗 日の丸に見たて、双方の緊密なつながりをマークのリングに具象化。

「JW」は「Japan Way」を表し、リング中の意匠は「JAPAN WAY」の頭文字「J」「W」を重ね、左側のラインは W(World)、右側の ラインは J(Japan)を。和(輪)をなしているデザインは、有機的な調和、他面的な価値観を持っている食文化を表現。2色の違いは昼と夜をイメージしながら、日本の伝統色の藍色と芥子色を用い、日本食文化の高い成熟度を表している。

プレスリリース    https://www.jreast.co.jp/press/2018/20190305.pdf

 

Client
JR東日本
Creative Director
小山 正(株式会社フォンス)
Space Designer
江原俊裕(ROWEDGE )
Art Director
岸さゆみ
Designer
岸さゆみ・中西知直
Construction
株式会社 船場
Planner
長田敏希・平手敦
Copywriter
株式会社フォンス・安田健一(株式会社桜)
Photographer
宮本啓介・北川礼生
Contact Us
ブランディング メルマガ
Bespoke e-mail magazine
close