SERVICES

Bespoke Three Step

Bespokeは、ブランドを創ることにおいて、
「対話を重ねる」「課題を測る」
「価値を創る」という3つのStepを大切にしています。

  • 対話を重ねる

    Step.1

    「対話(Be spoke - )」から
    ブランディングは始まる。

    Bespokeでは、社内のチームビルディングを図るためのワークショップや、経営者様・従業員様へのインタビュー等、自社の価値を抽出する様々なフレームワークがあります。お客様の業種や事業課題にフィットするフレームを使用し、企業や商品の潜在価値や、本質となる想い(Why to say:なぜ伝えたいか?)を引き出していきます。

  • 課題を測る

    Step.2

    課題は比較をする(測る)
    ことで、見つかる。

    自社の振り返りだけでは、客観的な課題の本質は発見できません。競合の特徴や市場・顧客の顕在ニーズ・潜在ニーズを知り、その要素を一度、言語化・見える化する。他のブランドと比較する(測る)ことで、自社独自の“強み(固有価値)”と伝えるべきもの(What to say:何を伝えるのか?)が明確になります。

  • 価値を創る

    Step.3

    価値を言葉化・視覚化させ、伝播させる。

    Bespokeは、対話を重ね、課題を測ることによって生まれた“強み(固有価値)”を社内外に浸透させていくため、単なるテーマではなく、存在意義(アイデンティティ)として捉え、自社が“ 誇り”を持って取り組める“言葉(ブランド・アイデンティティ)”を創りあげます。
    このブランド・アイデンティティを、顧客にどのように伝播させていくか(How to say:どのように伝えるのか?)を決め、ブランド要素(ネーミング、ロゴマーク、コピー、カラー等)をデザインし、ブランド価値を発信します。

Result

この3つのStepで創り上げたブランドは、
企業のポジショニングを明確化させ、社員の経営理念に対する理解を深め、事業に一貫性(理念と行動の一体化)を与えることにもつながります。

View About

Interview

販促効果を高めるブランド・アイデンティティの見える化

interview by KONICA MINOLTA

QKONICA MINOLTA:

商品の特長や価格をお客さまに伝えるツールとして、多くのお店に置かれているPOPやポスターなどの販促物。それらは果たして、お店や商品のイメージと統一感が取れているだろうか? さらに、これらの販促物を作る際、 毎回どのようなデザイン、キャッチコピーにすればいいか、困ったりしていないだろうか? 今回は、これら販促物の課題解決の重要な要素となり、企業の売上にも寄与する「ブランド・アイデンティティの見える化」について長田氏に伺った。

ABespoke 長田:

事業目的に結びついた想いをお客さまに表現する。

モノがあふれ、様々な店舗が乱立し市場競争が厳しくなる中、 商品の特長やサービスだけでは他店と差別化することが難しくなっています。そこで今重要となっているのが、企業やお店の想い(企業理念) をブランド・アイデンティティという形にして、お客さまに対して「見える化(視覚化)」することです。ブランド・アイデンティティは、ブランドの個性や特徴を明確に打ち出したもので、顧客にこう見てもらいたいというイメージです。大抵のお店では、この想いを見える化する前に、商品やサービスをどう伝えるか(HOW)を考えてしまいます。しかしながら、商品やサービスをお客さまに理解してもらい、購買につなげるためには、まず、企業の本質となる想い(WHY:なぜ伝えたいか)があり、そこから伝えるべきもの(WHAT)が何かを明確にし、それをどのように伝えるか(HOW)へと進んでいくことが重要なのです。こうしてすべてのStepが事業目的と結びついて、初めて想いのこもった表現ができるのだと思います。伝えるべきもの(WHAT)が決まっていると、販促物を作る際、毎回どのようなものを作ればいいか悩んだり、ブレることがなくなり、素早い意思決定が可能になるというメリットもあります。

  • Why

    Why to say “どうして” それを伝えたいか 想い(理念・ストーリーetc.)
  • What

    What to say “何を” 伝えるのか モノ・情報(価値)
  • How

    How to say “どのように” 伝えるのか 焦点(表現方法・演出)
事業目的

ブランド・アイデンティティの見える化によるメリット。

例えば、あるイタリアンレストランA店では、お客さまに「ゆったりと落ちついた雰囲気で、おいしい料理とワインを味わってほしい」というブランド・アイデンティティがありました。しかしながら、新商品の「オマールエビのパスタ」をお客さまにアピールするために、目立つように真っ赤な文字で金額を大きく打ち出したポスターを店内に貼ってしまいました。お店のシックな内装とイメージの異なるポスターは、お客さまにとってブランド・アイデンティティを裏切るものとなってしまったのです。このように販促物を作る際、どのように伝えるか(HOW)だけを考えていると、ブランド・アイデンティティに合っていない販促物を作ってしまうことにもなるのです。

そこで必要になるのが、ブランド・アイデンティティを言語化し、誰もが分かるように視覚化する「ブランド・アイデンティティの見える化」です。この視覚化するための要素として、ロゴや色、キャッチコピー、書体などがあります。これらを事前に決めておくことで、 販促物を作る際、コンセプトに合わないデザイン要素を使うことがなくなり、お客さまに統一されたメッセージを伝えることができます。店舗では入り口や壁、レジ回り、デーブルの上など、よかれと思って様々な販促物を使ってお客さまにメッセージを届けようとします。 すると、お客さまは様々なメッセージが目に飛び込んでくるため、 何が一番伝えたいことなのか、何が売りなのかが分からなくなってしまいます。ブランド・アイデンティティを軸として必要なもの、必要でないものを精査し、お客さまの動線に沿ってメッセージを的確に伝えることが重要です。これにより、無駄な資材を減らすことにもつながり、コストダウンも図れます。ブランド・アイデンティティの見える化をすることは、店舗にとって以下のメリットがあります。

  1. 1,お客さまにお店のメッセージが明確に伝わる
  2. 2,イメージが統一されるため、お店の認知度向上になる
  3. 3,必要な販促物、必要でない販促物の判断基準ができる
  4. 4,無駄な資材を減らすことができる 等
Contact Us